金仏壇のできるまで
 
1)木地造り
お仏壇の外廻り、内廻りの重要な部分は、ほぞ組みの技法により組み立てられます。これは正確に、堅固に作るためと、補修時に分解、復元が容易にできるためです。

2)屋根造り
お仏壇の屋根造りは、桁を組み、これに屋根板を取り付け、豪華さを表現する17世紀後半に確立された技法です。

3)彫刻
お仏壇の彫刻は永年の伝統から生まれた図柄にあわせ、一枚板を彫り抜く〈籠彫〉や、〈欠き彫〉〈付け形〉〈重ね形〉など、さまざまな技法を駆使して、立体感のある華やかかつ重厚な芸術的表現がなされています。

4)須弥壇造り
須弥壇は、須弥山(せん)を表現したもので、仏さまをおまつりする大切な壇です。直線と曲線の絶妙なバランスが要求される重要な工程です。

5)金具
丹ばんと緑青を用い、独特の風合いをもつ色地に仕上げた錺金具は、大阪伝来の技術が活かされた特殊な逸品です。

6)漆塗り7)蝋色磨き
塗りには、立て塗りと蝋色塗りの二技法があり、とくに蝋色塗りは、種々の下地工程をへて、漆の中塗り、上塗りを行い、鹿角粉で磨きあげる技法で、奥深い最高の光沢が得られます。

8)蒔絵
お仏壇の個所によって、高蒔絵、平蒔絵、箔下蒔絵の技法が使い分けられます。

9)金箔押し
金箔押しにも、光押し、つや消し押し、ぬぐいと三つの伝統的技法があり、それを組み合わせて完成させます。なかでも、つや消し押しは、優れた技術が要求される工程です。

10)彩色
柱、天井、欄間などには、隈取彩色、人物、花鳥などは木地彩色の加飾技法が駆使されますが、細筆で直接色彩豊かに描くため、失敗のまったく許されない技術です。

11)組み立て
多くの匠が心をこめて造り上げた作品を、慎重に、正確に、堅牢に組み立てていく最終仕上げの工程です。