仏壇のお手入れ
 
 

■毎日のお掃除は仏さまへの心づかい

お仏壇は仏さまのお住まいです。いつもさわやかな気持で手を合わせることができるよう、心をこめてお掃除、お手入れをいたしましょう。

●ごみやほこりは良質の毛ばたきで軽く払い、漆塗り(うるしぬり)の箇所はやわらかい布でぬぐってください。

●金箔や金粉の箇所はこすると長い間にはげてきますから、軽く毛ばたきで払う程度にしてください。

●漆塗りの箇所は強くあたると傷がつきやすいので、花びんやお仏器の上げ下げには、あてないように注意してください。

●金泊押し、金メッキ、その他金属製のお仏具は塩分をきらいますので、汗ばんだ手でさわらないのうにしてください。手でじかに持たず、布か紙を当てて持つと、いつまでもきれい状態が保てます。

 なお、永年の歳月に、お仏壇にもいたみが生じます。お仏壇のお洗濯、修復は当社の伝統工芸技術におまかせください。お預かりして約2〜3ヶ月で、新製品同様いきいきとよみがえります。いつでも、お気軽にご相談ください。無料でお見積りさせて頂きます。

※お仏壇の付属品はふだんのときはお給仕や勤行《(ごんぎょう)お経を読むこと》に必要なものだけにします。ご法事などのときは、華やかにお飾りをするとよいでしょう。